今回はちょっとマニアックなネタです。

レゴクーソー(現レゴアイデアス)では、80年代のSF映画が人気の様子で、BTTFやゴーストバスターズが商品化されています。

そこで、80~90年代のメジャーキャラを作ってみました。









P1009903

エイリアン、ロボコップ、そしてプレデター。

アラフォーのオッサンなら一度はシビれたキャラクターです。


AVP 3
AVP 4
AVP 5


先日お亡くなりになったHRギーガー氏のデザインによるクリーチャー。
その後のSFやフィクションへ与えた影響は測り知れません。








AVP 2
LEGOAVP (2)
LEGOAVP (3)


そしてこちらはプレデター。

日本の戦隊シリーズの敵幹部がデザインソースと言うのは有名な話。
映画二作目にて劇中にエイリアンの頭蓋骨が出てくるシーンがあり、そこからAVPの企画が生まれたと言われています。















robocop 4
P1009910
robocop


そしてロボコップ。

最近、リブート版が作られたので若い人にはそちらの方が有名でしょう。
しかし我々には、あの重厚感あふれる昔のロボコップが忘れられません。
ちなみに、この辺のキャラクター同士の対決はダークホースコミックス社よりコミックが発売されていました。



以上の三点、作ったのはほぼ一年前。

最初はミニフィグサイズを目指してみたんですが、当時は腕もパーツも足りず、作っていくうちにどんどん大きくなりこのサイズに。

一つが完成したら、結局他のキャラもその大きさに合わせざるを得ない状況となりました。






そんな訳で、今回は突然思い立って小さいサイズで再チャレンジ!







P1000012

とりあえず1時間くらいでパッと組み上げてみました。

今回はエイリアンとロボコップだけ。






P1000015

エイリアンは完全に特殊パーツが手に入ったおかげで完成しました。

口が開閉できるのが個人的にポイントだと思ってます。
後頭部のパーツは今度作りなおしたい所。





P1000013

ロボコップは全体的にそれなりのまとまりかな?と感じています。

まあ、背中側からみると貧相なのが欠点ですが・・・
オート9を作っておらず、仮で今はブラスターを持たせているのでこれも今後の課題です。






で、大小どちらのサイズでも、まだ作っていないキャラがおりまして・・・

ターミネーターのエンドスケルトン。

やっぱり4種類揃えたい!と考えています。

しかしミニフィグパーツを使わずキャラを再現しようとすると、このくらいのサイズが限界ですねぇ。

まあ、世の中にはもっと小さいサイズで再現している人もいるんだと思うんですが・・・


またアイデア思いついたらプレデターとエンドスケルトンに挑戦です。